グローバルユース防災サミット2024

特定非営利活動法人レジリエンス教育研究所(レジラボ)は、防災の専門家の視点と知見を活かし、プロボノとして2021年からグローバルユース防災サミット実行委員会の活動を支援しています。2024年から本ページを新たにランディングページにして発信を行います。

防災に関心がある
人の命を守る仕事に就きたい
世界の人とつながりたい
まちづくりに関心がある そんなユースを大歓迎!

私たちと一緒に万博で世界の人と共に、BOSAIの大切さを語り合いましょう!

活動のきっかけや経緯、これまでの実績はこちら

グローバルユース防災サミット2024の詳細はこちら
(上の「こちら」かバナーをクリックすると詳細、申し込みページに移動します)


【開催趣旨】
大阪・関西を中心に、防災を学び、活動に取り組むユース(10代、20代)が中心となり、地域的視点と世界的視点の双方から「災害に強い社会」の実現をめざし、自らの活動を持続発展可能なアクションに変える取り組みです。
文化や芸術、産業など都市の魅力向上と、それを支える災害に強いレジリエントな社会の実現を導く要素として「防災(BOSAI)」の可能性を拓き、世界を見渡す広い視野と熱意を兼ね備えた「若き防災人材」の育成に取り組みます。
昨年に続きドイツとトルコをパートナーとし、「防災(BOSAI)」を軸にした新たな連携の可能性を拓き「世界的共助」の実現を目指します。

2025年の大阪・関西万博を第一のゴールに位置付け、世界各国各都市で防災に取り組むユースが一堂に会する「グローバルユース防災サミット(B7サミット)」の開催という夢につなげます。

2021年からの活動実績はこちら

最新情報はSNSで発信中!画像かURLをクリックしていただくと各々のリンク先につながります。
 
       
https://www.facebook.com/bosaisummit
https://www.instagram.com/globalyouthbosaisummit/
https://twitter.com/globalbosai
https://note.com/b7summit_osaka/

【主催】 グローバルユース防災サミット実行委員会
【共催】 JICAトルコ事務所、土日基金
【協力】 特定非営利活動法人レジリエンス教育研究所
【助成】 大阪市(市民活動推進事業助成)、公益財団法人三菱UFJ国際財団

以下、2023年度実績
【後援】 駐大阪・神戸ドイツ共和国総領事館、駐日トルコ大使館、駐トルコ日本大使館
【協力】 大阪公立大学都市科学・防災研究センター(UReC)、大阪府立水都国際中学校・高等学校、大阪府立いちりつ高等学校、大阪府立富田林中学校・高等学校、追手門学院大手前中学校、高等学校、学校法人エール学園、一般社団法人大阪日独協会、DZGO株式会社、大阪SGGクラブ、よんなな防災会、よんなな防災会学生部、川辺復興プロジェクトあるく、防災教育施設(大阪市水上消防署、津波・高潮ステーション、安治川水門、木津川水門、尻無川水門、京都大学阿武山観測所、堺市総合防災センター他